顔面けいれん

症状

顔の半分が自分の意思とは関係なく痙攣するもので、ふつう目の周囲から始まり、だんだん口元へと広がります。最初は緊張したときだけですが、徐々に痙攣している時間が長くなっていきます。

原因

脳の深部で顔面神経に血管が接触して圧迫することが原因で起こり、病気自体は生命にかかわるものではありません。しかし自分の意思と関係なく顔面が動くと、人と会う仕事に支障がある。また、片目をつぶってしまうことで、運転のときに危険になる方もいます。したがって、ご本人が困っている場合には治療が必要です。

治療

対症療法として、筋肉を麻痺させるボツリヌス毒素を希釈して、痙攣する筋肉に注射をする方法です。これにより痙攣がおこりにくくなり、一回注射をすれば効果は3~4ヶ月間持続します。

もう1つは根本治療である手術療法です。微小血管減圧術と呼ばれ、顕微鏡下に脳の深部で顔面神経に接触する血管を剥離して移動することで、90%以上の方が治癒します。

                                                      脳神経外科  溝渕 光