【救急部の理念】


「愛」と「感謝」をモットーとした地域住民が安心できる医療の実施


【基本方針・活動】


地域医療への貢献
迅速・円滑な質の高い救急チーム医療の実施
救急医療に対する職員の育成
救急救命士研修
日本DMAT/高知DMAT(災害派遣医療チーム)派遣

当院は二次救急病院として地域の医療機関(診療所・クリニックなど)と連携し、役割分担を図りながら、入院治療や手術などを必要とする重症の患者さんに対して、24時間体制で内科系医師(1名)と外科系医師(1名)の2名が救急診療を行っています。
そのほか、外科・整形外科・脳神経外科・麻酔科はオンコール(待機)体制をとり救急医療に重点をおいた診療を行っています。
救急外来では原則として突然起こった不調や以前からのご病気が急変した患者さんの診療を行う場です。緊急性のないご病気や、何日も前から症状がある場合、詳しい検査をご希望される場合は、必ず平日の各科専門外来を時間内に受診してください。

【夜間・休日の救急受診】


夜間・休日の受診を希望される場合は、事前に電話でご確認ください。 看護師が当直医と連絡をとった上で、当直医が受診可能かどうか判断しています。 原則来院された順に診察しますが、重症の患者さんを優先しますので症状により順番が変わることがあります。 また、重症の患者さんを治療中などの場合は、待ち時間が長くなることがありますのでご了承ください。
夜間・休日等の投薬については、処方させていただく日数は最低限とさせていただきます。


【受診の際にご持参いただきたいもの】

gazougazou


保険証
お薬手帳等(現在服用している薬)




【DMAT】


多重事故や地震など大規模な災害等で多人数の負傷者が発生した場合は、DMAT(DisasterMedical AssistanceTeam/災害派遣医療チーム)という専門チームが出動して対応します。
日本DMAT隊員養成研修を終了した職員によるチームが、災害等非常時の医療活動に備えて訓練しております。

 

【会計について】


会計窓口が閉まっている時間帯(平日 18:30~翌8:30 土日祝日 18:00~翌8:30)は通常の会計計算ができません。時間外窓口で、「お預かり証明書」を発行します。
後日(平日 8:30~18:30 土日祝日 8:00~18:00)、「お預かり証明書」を会計窓口に持参していただいた時に、精算いたします。