心室性期外収縮



心室性期外収縮とは、心室からの異常興奮により生じる不整脈で、心電図では先行する心房波(P波)が認められず、幅の広い心室波(QRS波)が記録されます。(図①)
心室性期外収縮の症状として、脈が飛ぶ、脈が乱れるといった動悸症状を訴える方が多いですが、無症状で分からgazouない方もいます。
また血圧計で脈拍数がエラーになる場合や、いつもに比べて脈拍数がかなり低下している場合は、心室性期外収縮が出ている可能性があります。
更に、心室性期外収縮が多発することで心筋症になり、息切れやむくみといった心不全症状が出現することもあり、また心室性期外収縮が連発することで突然死の原因となる心室頻拍へ移行することがあります。
抗不整脈薬が無効な時はカテーテルアブレーションが適応になる場合があります。原因となる異常興奮部位をカテーテルで焼灼するとよくなります。(図②③)

gazou

図①



gazou

図②



gazou

図③



    ✤ 心房細動のページへ 

     不整脈のカテーテルアブレーション治療のページへ戻る