高知県高知市にある医療法人新松田会 愛宕病院は 患者様本位を第一に考え、心の通ったきめ細かい診療にあたります。

心原性脳塞栓

心原性脳塞栓とは

超急性期~急性期 心原性脳塞栓症の診断(心原性? 閉塞血管は? 治療方針?)

A. 病歴聴取のポイント

発症時間、発症様式、既往症

B. 神経学的所見のポイント

皮質徴候の有無(虚血が皮質に及んでいることを示し、塞栓ないしアテローム血栓性を強く疑う)
意識状態の変化(*返答できてもいつもと何となくおかしくないか?)
失語
視野障害
半側空間無視
皮質性感覚障害~感覚消去
* 神経学的に一見問題ないようでも、家族がいつもと違うといっている場合、家族が正しい事が多い。

C. 不整脈の有無:心房細動が原因であっても心房細動が来院時あるのは約40%

逆に心房細動を持っている脳梗塞の約7割が心原性脳塞栓症である

D. 画像診断について

  • 超急性期(低吸収域がはっきりしてない時期)頭部CT~early CT signs の有無
  • 閉塞主幹動脈内の高吸収陰影(hyperdense MCA sign)
  • 灰白質領域のCT 値の軽度低下
  • レンズ核辺縁の不鮮明化
  • 島皮質の不鮮明化
  • 皮質~皮質下境界の低吸収化
  • 閉塞血管領域の脳溝の狭小化
  • 頭部CTに異常ない→Diffusion MRI で高度虚血部位は高信号
  • CT あるいはMRI で病変あり~皮質は含むか? 多発性か?

急性期療法

  • 抗血栓療法
    1. 抗凝固療法(アルガドロバン、ヘパリン)
    2. 抗血小板療法(アスピリン、オザグレル)
  • 抗脳浮腫療法(グリセロール)
  • 脳保護療法(ラディカル消去薬エダラボン)
  • 超急性期血行再建術
    1. 血栓溶解療法(経静脈的、経動脈的)
    2. 機械的血栓回収
    3. 経皮的血管拡張術(PTA)
    4. 頚動脈内膜剥離術
    5. EC-ICバイパス

脳神経外科

下記までお問い合わせください TEL 088-823-3301 〒780-0051
高知市愛宕町1丁目1-13
FAX:088-871-0531

PAGETOP
Copyright © 医療法人新松田会 愛宕病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.